漢検 「辛いは幸せの途中」

こんにちは!朝日ヶ丘高等学園 教務課です。

朝日ヶ丘高等学園では各種試験・検定にも積極的に取り組み(任意)、
公益財団法人 日本漢字能力検定協会の認定準会場にもなっております。
本日はいよいよ試験日です。

この日の為に受験生徒達は通常カリキュラムとは別に頑張ってまいりました。
漢検で漢字能力を身につけることで、筆記試験での書取問題などにも自信を持って取り組めます。
また各種エントリーシートでは、自分の言葉で志望動機を伝えなくてはなりません。漢検合格の豊富な語彙力を使って端的かつ説得力のある志望動機を表現でき、資格検定に向けて努力した経験は、生徒一人一人の頑張った証しの1つとして、面接時に前向きな姿勢をアピールできます。

多くの試験で実施されるSPIや常識問題などでは、漢字の読み書き問題も高い頻度で出題されます。事前に十分な漢字能力を身につけていれば、余裕を持って対応できます。定期テストとは違う外部試験慣れの側面もありますが、漢検は「言語力」だけではなく、「目標に向かって学ぶ意欲」を測る指標として多く活用されています。

漢検で身につけた社会で通用する漢字能力と何事にも前向きな姿勢。それをベースに社会経験を積み重ねていくことにより自信と安定感をもたらし、社会人基礎力(社会人として必要な力や人間的な魅力)を養うことができます。それは近い将来、必ずや生徒達に豊かな人生をもたらしてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA